2014年統計データでも実証!まだまだ低い日本のタブレット、スマホ普及率

電車に乗れば、みなさんタブレット(iPadやAndroid)やスマートフォンで、メールやLINE、Facebookなどで、朝の情報収集に勤しんでいますね。
しかし、意外なことに日本のタブレットとiPhone普及率は最低基準だったとは意外ではありませんか?
(過去のBlog「実は、先進国でも最低基準だった日本のタブレット、スマホ普及率」 にて詳細をご紹介させていただいております。)
先週金曜日の日経新聞の記事にさらに情報がアップデートされており、2014年の最新情報も掲載されていました。

日本のスマホ保有率は53.5% 「ガラケー」も いまだ一定の支持

総務省が発表した2014年の情報通信白書(後半でご紹介いたします)によると、日本のスマホの保有率は2014年3月時点で53.5%であったとのこと!
韓国やシンガポールなどは約9割を上まる保有率を記録し、調査したほかの5カ国で最も低い割合となったのです。日本では従来型のガラケーが進化したため、現在も一定の支持を得ている状況なんですね。
日本、米国、英国、フランス、韓国、シンガポールの6カ国の各千人にアンケート調査をした結果、スマホの保有率は下記の通りです。

シンガポール 93.1%
韓国 88.7%
英国 80.0%
フランス 71.6%
米国 69.6%
日本 53.5%

ガラケーでは逆転し、 28.7%の日本であり、フランス(9.4%)とシンガポール(8.3%)は10%を下回る数値だったそうです。
引用元:日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1502B_V10C14A7EE8000/

こちらの元データにのっている総務省の2014年情報通信白書のデータを一部抜粋いたしました。

引用元:
総務省 「平成26年版 情報通信白書」より
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h26/summary/summary01.pdf

1

これだけネット依存が懸念される中、日本の依存度はトップクラスではないんですね。

2

世界全体でインターネット、スマートフォン等の普及が着実に上がっていることが見てわかります。後進国エリアでもほぼ50%以上の浸透率です。

3

 

4

こちらはあくまでも日本 から見た海外展開先になりますが我が国のICT企業はインド、中国、ASEAN地域等を有望視していることがわかります。

そしてこれが本日の本題のデータの一つでもあります。
青枠で囲っている箇所が日本のスマートフォン普及率ですが、主要先進国の中で最低基準ですね。

5

弊社では海外展開をされている企業様の海外向けウェブサイト、ランディングページの企画・制作をお手伝いさせていただいております。

具体的にどこの国に進出されたいのか、お決まりであれば現地に多く普及されている媒体をマーケティングツールとしてご検討ください。

先進国といわれる国のタブレット、スマホの普及率は日本より格段に高いです。
効果的なオンラインマーケティング、モバイルマーケティングを、ユーザーフレンドリーなリスポンシブデザインのウェブサイトを制作しましょう。

企画・制作をご検討の際はinfo@iinetto.comまでお気軽にご相談ください。

We tell your story to the world!!

Share on Facebook
[`evernote` not found]

The following two tabs change content below.
Eric Jackson エリック ジャクソン

Eric Jackson エリック ジャクソン

COO at iinetto LLC
Does your international communications hold up to the world's best practices? Are you making critical mistakes that keep your global customers from understanding how special your products and services truly are? At iinetto, we tell your story to the world in effective, powerful language. You need to out-communicate the competition, no matter who they are. Let us help you. 日本語の紹介はこちら