Natural Search 自然検索
Marketing

今、自然検索(オーガニック検索)が急成長!

  「自然検索」をご存知でしょうか。 最近、この自然検索が急成長しています。 この自然検索について解析結果をもとに詳しく解説しているページを見つけたのでご紹介させていただきます。 自然検索(オーガニック検索)とは検索エンジンの検索結果画面の、有料登録やスポンサー広告などの結果を含まない部分のこと。また、そのような結果しか含まない検索結果のこと IT用語辞典 e-Wordsより http://e-words.jp/w/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF%E6%A4%9C%E7%B4%A2.html 分かりやすいイメージがありましたので、下記に引用させていただきます。下記画像の青枠部分が自然検索の部分となります。   引用元:SEO HACKS 「オーガニック検索とは」 http://www.seohacks.net/basic/terms/organic-search/   自然検索のアクセス数が急成長 では早速、2014年に50以上のブランド(会社や商品)を対象とした11億件の自然検索の研究結果のデータを基に解説をします。

IRMarketing

情報化社会で効率よく必要な情報を得る方法

便利アプリ・ツールを使用して時間の有効活用しませんか? 新聞、雑誌、ラジオ、TV、ニュース、インターネット、あらゆる手段で情報が手に入る時代。自社や自分にとって有用な情報を効率よく情報収集できていますか? 前回のBlog記事では有益な情報を効率よく取得するアプリ・ツールを紹介させて頂くお約束でしたので、ご紹介させていただきます。 ■Google Alerts http://www.google.co.jp/alerts 指定のキーワードに関連する最新の Google 検索結果(ウェブ、ニュースなど)をメールで配信してくれるサービス。下記は「日本語 英語」で登録しているものアラートです。 ■Mention(英語版のみ) https://en.mention.net/ 指定のキーワードに関連する情報が見つかった時に告知してくれるツールです。 検索言語を指定したり、検索対象(Web、SNS、画像、RSS等)を絞ったりとgoogle alertよりもきめ細やかに設定が可能です。初期登録が必要ですが、Google、FacebookやTwitterのアカウントでも登録可能です。ブラウザ上でもスマホアプリとしてもインストール可能です。 突然ですが、エゴサーチ、やっていますか? 自社がオンライン上でどのように情報開示されているのかは把握されいますか?

Marketing

ランディングページがなぜ必要か

お客様が本当に欲しい情報、商品への近道を作れていますか? 貴社のウェブサイトへユーザーが到達する方法は様々です。 GoogleやYahoo!の検索エンジンのリンク先から訪れる人、インターネット広告やバナー広告をクリックしてサイトへ到達する人。 そして、サイトに到達し、目的の商品や情報が得られないと判断するまでの時間はわずか8秒。半数以上のユーザーは競合他社のサイトへ移ってしまいます。 効果的なサイトの制作ができていないということは、潜在顧客をリードできない上に、競合他社に顧客を誘導しているというマイナスな状況を作りだしている可能性があるのです。 では、どうしたらそれを回避できるか? そこでランディングページの登場です!

e-book

電子書籍(e-book)の総合情報サイト「Shuppa!」のサイトオープン

プロでなくても素敵な文章を書いてる方ってたくさんいると思いませんか? 自分の想いやストーリー、生き方をもっと簡単に多くの人に伝えたいって思いませんか? お子様や甥っ子、姪っ子に、そして世界の子供たちに、 あなたオリジナルの絵本を読ませてあげてみたいと思いませんか?

Seminar

セミナーを開催致しました! 国際ビジネスのプロが効果的なオンラインマーケティングを徹底解説

先日、バイリンガルエグゼクティブを対象としたヘッドハンティング企業“The Bridge Group(http://www.bridgegroup.co.jp/)”様向けにセミナーを開催させていただきました。 テーマは「Unique Selling Proposition/Lifetime Value」 Unique Selling Proposition=会社の強み、独自で提供できるサービスやプロダクト 最近、よく耳にするUSPという用語ですが、そもそも日本ではUSPが正しく理解されていない傾向があります。 弊社アメリカ人パートナーのエリック・ジャクソンが講師となり、本当のUSPとはなんなのか、そして、USPをどのように多くの潜在顧客に伝えることができるのか…

e-book

「お米のレシピ(英語版)」をamazon.com Kindle Storeにて出版いたしました。

菅原明子博士が”Akiko Sensei’s Healthy Recipes,”シリーズの最新版、”Rice Recipes: Full of Recipes Helpful for Controlling Calorie Intake and Best Suited for a Gorgeous Party!”をamazon.com Kindle Storeにて出版いたしました。定番の料理からアレンジが加えられた料理を含め35種類以上のレシピをフルカラーの料理写真にてご確認いただけます。なお、amazon.co.jpを含む、他のamazon Kindle Storeでもダウンロード可能です。

e-book

Dr. Akiko Sugahara Publishes Latest Book for Kindle: Rice Recipes: Full of Recipes Helpful for Controlling Calorie Intake and Best Suited for a Gorgeous Party!

Dr. Akiko Sugahara Ph.D. has released her latest book in the series, “Akiko Sensei’s Healthy Recipes,” available now on the Amazon.com Kindle store. Co-authored by Masako Sugahara, the book offers more than 35 delicious, healthy recipes tested in the Sugahara Institute kitchens. Tokyo, Japan—August 16, 2013—Dr. Akiko Sugahara, Ph.D. today announced the release of her latest book in the Akiko Sensei’s Healthy Recipe series, Rice Recipes: Full of Recipes Helpful for Controlling Calorie Intake and Best Suited for a Gorgeous Party! The book is available as a Kindle

e-book

「照り焼きレシピ(英語版)」をamazon.com Kindle Storeにて出版いたしました。

菅原明子博士(共著者:渡辺真理子氏)が2013年7月25日に”Akiko Sensei’s Healthy Recipes,”シリーズの最新版、” Teriyaki Recipes: Upgraded with Amazing New Ideas!”をamazon.com Kindle Storeにて出版いたしました。定番の照り焼き料理からアレンジが加えられた20以上のレシピをフルカラーの料理写真にてご確認いただけます。

e-book

Dr. Akiko Sugahara Publishes Latest eBook: Teriyaki Recipes: Upgraded with Amazing New Ideas.

Dr. Akiko Sugahara Ph.D. has released her latest book in the series, “Akiko Sensei’s Healthy Recipes,” available now on the Amazon.com Kindle store. Co-authored by Mariko Watanabe, Teriyaki Recipes offers a new look at the traditional Japanese cooking style with more than 20 delicious recipes and full-color pictures.

e-book

e-book(なんとなく 日本語版)出版いたしました

  先日、e-book(Maybe English ver.)出版いたしました のblog記事にて、 英語版のe-bookを出版させていただきましたが、 日本語版も出版させていただきましたので ご紹介させていただきます。 著者の寺上匠氏は現在、心理カウンセラー、デザイナー、アーティストなど様々な方面で活躍しております。 こちらは原文そのままとなっておりますので、 著者の寺上匠氏の思いがダイレクトに伝わるかと思います。 ご興味のある方、表紙の絵が素敵だなと思った方は ぜひチェックしてみてください。