「中期経営計画」をグローバルビジネス英語でどのように翻訳していますか?

2015年6月に導入されたコーポレートガバナンスコードにおいて、上場企業は株主へのコミットメントとして、中期経営計画の策定と中期数値目標の開示を求められるようになり、IRで中期経営計画というタームが頻繁に使われるようになりました。
また投資家の93%がこの中期経営計画、あるいはそれに関連するその他のディスクロージャーに基づき投資を行っていると言われています。(参考文献:平成26年度 生命保険協会調査)
もちろん、世界中の投資家は経営目標、目標達成の実現方法を知りたいと思っていますので、中期経営計画の英訳というのは非常に大切なコンテンツとなります。
中期経営計画はどんな言語においても、簡潔で明確にそして説得力のある内容になることが必須であることはご理解いただけているかと思います。

次に、アニュアルレポート/統合報告書のコンテンツにおいても、投資家、ステークホルダー、取引先、政府機関に対して、また、貴社のマーケティングの観点からも中期経営計画はおそらくもっとも重要なセクションと言えます。 さらに、決定された中期経営計画は3年~5年と使われるわけですし、繰り返し様々なIRマテリアルにおいて使われるものですので、翻訳に関しても、非常に大切と言えると思います。

本日のブログでは、中期経営計画の英訳におけるもっとも基本的な部分についてお話したいと思います。ここ数年、中期経営計画という用語自体の英訳について2パターンの翻訳を目にするようになりました。

1つは、Medium-term management plan

もう一つは、 Mid-term management plan

上記2つの用語をGoogleで検索した結果、両用語とも使用頻度はほぼ同じ数で使われていることがわかりました。
“medium-term management plan” は 68,500 件、 “mid-term management plan” は53,000 件という結果でした。 (両用語ともより正確な数字を出すためにクォーテーションマークを適用しています)

しかしながら、この翻訳の1つは正しく、もう一つは間違いであること、皆様はご理解されていましたでしょうか。

皆様の会社では正しい翻訳を使われていますか?
さて、どちらが正しいかおわかりでしょうか。

“management plan”部分については両者とも同じでありますので、ここは間違いではないことがわかります。では、残りのパートの違いを見てみると、「medium-term」対 「mid-term」の部分となります。

medium-termの英語の意味を詳しく説明いたします。
「medium-term」の英語での意味は、長くも短くもない期間のことを指します。よって、日本企業が使っている3年~5年を目途とした、中期経営計画は、必然的に“medium-term”となるのではないでしょうか。

では、「mid-term」は英語でどのような意味を持つのでしょうか。
Mid-term (或いはmidterm)の意味は学校の中間を意味する用語(例:midterm test 中間試験など)になります。よってMid-termは、ある期間のことを表現する言葉ではありません。Mid-termは、どこかの中間のポイントであることを意味しています。

中期経営計画とは期間(例:次の3年~5年間など)の期間を意味する言葉であるわけですから、明確に”medium-term”が正しい翻訳となるわけです。Mid-termは間違った翻訳であることがわかります。

現在中期経営計画の英訳を公開されている日本企業に大変多くみられるグローバルビジネス英語の誤った翻訳の一例をご紹介させていただきました。

次回は本ブログで正しい翻訳とさせていただいた、Medium-term business managementという用語について、英語のネイティブ目線から、よりグローバルビジネス英語としてお勧めしたい英訳とその理由についてご説明させていただきたいと思います。

貴社の英語が英語のネイティブにとってどのような評価なのか、無償トライアルしてみませんか?
ご興味ある方は下記から弊社へお問合せください。
英文品質評価レポートお申込みはこちら

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

The following two tabs change content below.
Mia Omatsuzawa 大松澤実絵

Mia Omatsuzawa 大松澤実絵

Chief Executive Officer (CEO)iinettoLLC
英語のコミュニケーションにお悩みの方、私にご相談ください。真のコミュニケーションを、心と心のコミュニケーションの実現をご提供いたします。 担当記事:主に英語のコミュニケーション、ライティングについての記事を担当。また、価値あるグローバルな情報をいち早く日本語で皆様にお届けいたします。      mia@iinetto.com  Facebook(Mia Omatsuzawa) 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です