Column翻訳

知っておいて損はない、ビジネス英語で使う数字表記:9つのルール

  弊社でクライアント様から英文の校閲やリライトのご依頼がある際、修正をすることが非常に多い数字の表記の仕方について。 意外と知られていない、しかしとても簡単なルールなので、ぜひご紹介できればと思います。 実際、弊社のクライアント様からご相談いただく際においても、翻訳料を支払って完成させた英語だったにも関わらず、正しい表記ができてなく指摘させていただくケースもございます。 これだけ知っているだけでも、英語の質(ビジネスライティングができているか)の判断のポイントの一つとなるかもしれません。 1.   1~9の一桁の数値はスペルアウトしましょう × 5 key factors ○ Five key factors   2.   三桁の区切りにコンマを使い,小数点にピリオドを使いましょう。 × The size of Alaska is 571951 square miles. ○ The size of Alaska is 571,951 square miles. 欧州では逆のルールなのでご注意を。   3. 文を数字で始めない。必要に応じて文を組み立ててみましょう。 × 4 score and 7 years ago. ○ Four score and seven years ago, × 400,000 copies were sold

How to use an interpreter
Column

通訳を使うプレゼンテーションで最高のパフォーマンスにするための11の法則

  グローバル化が進み、大企業だけではなく、中小企業においても、益々海外との取引が増えていくいま、通訳の需要も増えてきていると思います。 弊社の国際コミュニケーション事業においても、通訳のお問合せやご依頼が非常に増えてきていると実感しております。また、実際に通訳者を使い、助けられたというご経験をお持ちの方、逆にひどい通訳者だった、と残念なご経験をお持ちの方もいるのではないかと思います。 本日のブログでは、通訳を使うことがある、あるいは、今後使うことになりそうな方にぜひ読んでいただきたいと思います。 通訳者の本来の役割 通訳者の仕事は非常に付加価値が高いです。つまり、それなりのコストがかかります。 1日(8時間)の通訳料のレートは、わたしのこれまでの経験上で、60,000円〜150,000円と幅があります。通訳者のグレードや、同時通訳、ウィスパリング、逐次通訳など通訳の種類によっても金額は異なります。

pray for Kumamoto
Column

熊本地震における当社支援活動についてのお知らせ

  この度の平成28年熊本地震により被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。 iinettoでは被災者支援活動を開始されているクライアント様に対し、その支援活動の呼びかけに関する公開リリース記事について、翻訳を無償提供いたします。翻訳言語については、英語、中国語(簡体字)、台湾語(繁体字)、韓国語、その他言語においてもご相談ください。 弊社でお取引きのない企業様においても、ご相談を受付けますので、info@iinetto.com、あるいは、03-5534-9011までご連絡をお願いいたします。

Column

【iinetto設立5周年記念無料キャンペーン】これからもグローバルコミュニケーションのサポートに全力を尽くします!

  ※無料キャンペーンのご案内はページ最後にございます。 私たちの知識を、おしみなくお客様に提供してきました。   頼まれてもいないのに、提案資料お出ししてまいりました。 勝手にみなさまのウェブページ、査定してまいりました。   この5年間、日本企業の海外発信がもっともっと効果的になるために、我々が持っている知識とお役に立てる価値ある情報を、おしみなく提供してまいりました。 おかげさまで、多くの企業様とのお取引を実現することができました。最初は少しずつ、そして今、着実に関係性を構築し、お取引を継続しております。   この5年間、iinettoは日本企業の海外向け基地局となって活動してまいりました。売上も徐々に上がり、大変ありがたいことです。 何よりもお客様との関係性が構築できたことが弊社の資産となり、モチベーションとなっています。   iinettoのミッション We tell your story to the world!! 貴社のストーリーを世界に発信することが我々のミッションです。   創業者の想い、企業理念、企業の歴史、製品に込められた思い、全てが貴社のストーリーです。 ターゲットが知りたいことは、製品の特徴だけとは限りません。製品の製造過程を知ることで、品質が確かであるかを知ることができます。

Best PracticesColumnPlain English(プレイン・イングリッシュ)

【無料レポート配信】英文レイアウトの常識を知ろう!

日本語にもインデントやレイアウトのルールがあるように、欧米でも正しい レイアウトのルールが存在します。 にもかかわらず、私たち日本人は独自に英語のレイアウトのルールを作りあげて いる傾向があります。英語ネイティブがびっくりするような、不自然で違和感のある英文レポートを世界に発信してしまっていることをご存知でしたか? 初歩的なレイアウトのルールが間違っていると、それだけでコンテンツの信用力が落ちてしまいます。 貴社のウェブサイトやコーポレートツールは英語ネイティブ にとって読みやすく正しいルールになっていますでしょうか。 今回、なかなか勉強する機会のなかった英語レイアウトのルールを一冊のレポートにおまとめしました。(参照元:米国証券取引所発行  A Plain English Handbook) レイアウトの基本ルールに加え、英語ネイティブが好むレイアウトのテクニックがつまった一冊 です。 是非ご一読いただき、貴社の英文ツールを、よりプロフェッショナルで信用性の高いツールに改善するためにお役立てください! ダウンロードはこちら http://iinetto.com/library/Plain_English_Typography_rules.html コンテンツ一覧 Plain English(プレイン・イングリッシュ)をご存知ですか? 日本語と英語の性質の違い

Best PracticesColumnIR

IRサイト ベスト・プラクティス  インフォグラフィックの成功事例

人間の脳に送られる情報は90%がビジュアルで得た情報だった   日本でも、アニュアルレポートやコーポレートサイトにインフォグラフィック(情報、データ、知識を視覚的に表現したもの)が使われる機会を多く目にするようになりました。 古くは洞窟壁画が起源とされ、あの有名なエイブラハム・リンカーンもその効果の高さからこの手法を愛したと言われています。 本日は、インフォグラフィックがなぜ高い効果を生み出すのか、そしてインフォグラフィックをIRサイトでうまく使っている実際の企業をご紹介いたします。   インフォグラフィックの効果 Buffer社のブログBuffer socialによると、人間の脳へ送られる90%の情報はビジュアルで得た情報とあります。 https://blog.bufferapp.com/infographics-visual-content-marketing また、脳の記憶を占める割合は、80%が視覚、20%が読解、10%が聴覚から得た情報と言われています。 https://blog.bufferapp.com/infographics-visual-content-marketing 何よりもグラフィックを使うメリットは、文章に比べ60,000倍の速さで情報をキャッチすることができるという情報伝達の速さです。

2015 Top AR Best Practice
ColumnIR

米IR協会発信!2015年アニュアルレポートのトレンド情報

  フォード社とセールス・フォース社から学ぶ   2016年アニュアルレポートのキックオフミーティングももう間も無くですね。 2015年のアニュアルレポートの傾向についてはもうリサーチ済みでしょうか? 米IR支援会社Q4が発信したブログ記事で米IR協議会NIRIが同団体会員を対象としたアニュアルレポートの調査結果を要約した記事(英語)をリリースしました。 http://www.q4blog.com/2015/10/28/2015-top-annual-reporting-best-practices/ こちらの記事を日本語版に要約してご紹介します。アニュアルレポートのベスト・プラクティスをおさらいし、2016年の企画・制作にお役立てください! このレポートはNIRI 会員に限り、無料で閲覧することができます。 本調査はNIRI会員475社(会員全体の22%)からの回答結果を基にしています。   印刷vs.デジタル 本年もオンラインレポートが増加傾向にあります。オンラインレポートのみもしくは印刷物はオンラインレポートに付随して発行する傾向があります。詳しい回答結果は下記の通りです。 印刷物とオンラインレポート両方を制作 67% 印刷物のみを制作 16%(2012年より50%以上の上昇) オンラインのみを制作 5%  

Top_inside-head
Column

ピクサー社が映画「インサイドヘッド」を世界のヒット作に導いた翻訳テクニック

本当の翻訳とはローカライズ(現地化)するということ 少し前に公開された映画「インサイドヘッド」はご覧になられましたか? 「インサイドヘッド」は、2015年7月に日本で公開されたピクサー社制作のコンピューターアニメーション3D映画です。 この映画を世界のヒット作へと導いた「さすが!」な翻訳テクニックをBusiness Insider(英語記事)のブログ記事で紹介されていましたので、日本語版でお届けします。   アメリカと日本では、子供の嫌いな食べ物の定番が違う! 「インサイドヘッド」のとあるシーンで、父が、娘のライリーに大嫌いなブロッコリーを食べさせるのに一苦労するシーンがあります。アメリカでは、大体の幼児がブロッコリーが嫌いなんですね。 実はこのシーン、日本語版では ブロッコリーはピーマンに差し替えられています。 Disney/Pixar 日本では、ブロッコリーよりピーマンが子供の嫌いなものの定番ですよね。 ピクサー社は、海外版を制作するにあたり、日本の視聴者にも同じニュアンスを感じてもらうためにこのシーンの映像とセリフを差し替えました。 ディレクターのピーター・ドクター氏はこう解説しています。 『ただ単に翻訳しただけでは海外では意味を成さないシーンがあることに気付いたんだ。 例えば、日本のキッズ達にとって、ブロッコリーは嫌いなものにはいらいない。

Column

IRサイトベスト・プラクティス ケース・スタディ Invitae社

米IR支援会社が選ぶ投資家うけするIRサイトとは?   投資家と企業のコミュニケーションプラットフォームを提供するQ4社が、近年株式公開した企業のIRサイトベスト・プラクティスが同社ブログで紹介されました。 Q4社ではIPO助成金プログラムを展開しており、同団体の観点から具体的なポイントが解説されています。   Invitae社とは? Invitae社とは、2015年2月にNYSE(ニューヨーク証券取引所)に上場した遺伝子検査をサービスとする米国企業です。   一目でわかるハイライトセクション これまでの主要な業績をわかりやすい図表を使って時系列に掲載しています。 サイト訪問者は、一目でInvitae 社の歴史や主要な実績を把握できます。 投資家は、ハイライトをみてInvitae社の大まかな経営方法や、新規上場企業としての魅力やポテンシャルを判断することができます。 https://ir.invitae.com/overview/default.aspx   説得力を高める動画コンテンツ ハイライトセクションの下のIn our own wordsでは、企業を紹介する4つのショートムービーが掲載されています。

読みやすい中国語のレイアウト
Column

読みやすい中国語のレイアウト 11のルール

中国語のレポートや資料作成に知っておくと便利! 中国語版のウェブサイトやアニュアルレポート、会社概要、販促ツールなどの制作にあたりどのように品質を管理されていますでしょうか? 弊社で中国語版の制作をお手伝いいただく際、日本人スタッフでは、どういったレイアウトが正しいのかどうか、どういったレイアウトがネイティブの方にとって読みやすいのか判断できず困っているというご相談をよくいただきます。 残念ながら、そもそも中国では、まだ中文レイアウトの明確なガイドラインはまだ定義されていません。ここでは、一般的にどういったレイアウトが中国人ネイティブにとって自然で読みやすいか、11つのポイントをご紹介いたします。 このガイドラインを一つの指標とし、よりプロフェッショナルなレポートを制作しましょう。   一行の文字数 図1のように、一行の文字数が多すぎると、綴込み端の部分に空白が余りないため、非常に読み難いレイアウトになっています。 日本語同様、文字は詰め過ぎないようにしてください。 ページ全体のレイアウト ページの余白の大きさが異なると、読者に与えるイメージも違います。それぞれの内容、体裁に応じて決めていくよう配慮してください。。例えば、図2の場合、abcdのの比例は1:1.2:1:1.7となっています。 また、ページ背景の色の違いから、読み手に与える印象が異なります。

1億総活躍担当
ColumnCommunication コミュニケーション

安倍新内閣発足
「1億総活躍担当」の英訳が海外メディアで物議をかもす

 世界に情報発信するのであれば、日本語だけでなく英語に翻訳されたときのことも考えましょう。   10月8日のThe Wall Street Journalの記事の見出しに思わず目をとめました。 Lost in Translation: ‘100 Million’ Minister to Drive Abenomics 2.0 (失われた翻訳:「1億人」大臣がアベノミクス2.0を動かす) ここでいうDriveは、走らせるという意味と、迷走させるということをかけているニュアンスを表現しています。   失われた翻訳 10月7日に第3次安倍内閣が発足されました。 加藤大臣が任命された「1億総活躍担当」。 日本語でも職務の内容が分りにくいという話を耳にしますが、英語ではそれ以上にどう翻訳するかについて議論されています。 大変僭越ではありますが、Lost in Translationとまで言われてしまった The Wall Street Journal の記事について 今日はブログを書かせていただきました。   一億総活躍担当大臣とはそもそも何をするところなのか? 少子化を食い止め、50年後も人口1億人を維持し、2020年までに国内総生産(GDP)600兆円、希望出生率1.8、介護離職ゼロなどの実現を目指す政策。

ColumnMarketing

ポジティブな広告は4倍の効果を生み出す!

素晴らしい未来への道筋を示す広告で、潜在顧客にCall to Action   広告の神様、デイヴィット・オグルヴィが称賛するクロード・ホプキンス氏著『Scientific Advertising』ダイジェスト版。 第18章のテーマは「ネガティブな広告」についてです。   人間の習性をとらえた広告のアプローチ方法 ホプキンス氏は、人間は太陽の日差し、美しさ、幸せ、健康、成功などに自然に惹きつけられる習性があるといいます。そのため、広告でも、暗く悪い面ではなく、良い面、幸せな面で魅力的な部分をアピールする必要があります。 つまり、商品を使用する前の現状ではなく、商品を使用して得られる素晴らしい未来をアピールすることが大切です。 例えばシワ取りに関する広告では、シワの醜さを強調するよりも、シワが取れたあとの素晴らしい未来の魅力を前面に出します。 考えてみると、シワ取りをしたいと考えている潜在顧客は、シワのマイナス点については知り尽くしていると思いませんか? わかりきっているネガティブな部分を強調するのは、幸せな気持ちに影を落としてしまい効果的ではありません。 また、ライバルを蹴落としたいからといって、ライバルを攻撃するような広告は逆効果です。 誰かの欠点を名指しで指摘すると、自分勝手な目的を見透かされてしまいます。