1億総活躍担当
ColumnCommunication コミュニケーション

安倍新内閣発足
「1億総活躍担当」の英訳が海外メディアで物議をかもす

 世界に情報発信するのであれば、日本語だけでなく英語に翻訳されたときのことも考えましょう。   10月8日のThe Wall Street Journalの記事の見出しに思わず目をとめました。 Lost in Translation: ‘100 Million’ Minister to Drive Abenomics 2.0 (失われた翻訳:「1億人」大臣がアベノミクス2.0を動かす) ここでいうDriveは、走らせるという意味と、迷走させるということをかけているニュアンスを表現しています。   失われた翻訳 10月7日に第3次安倍内閣が発足されました。 加藤大臣が任命された「1億総活躍担当」。 日本語でも職務の内容が分りにくいという話を耳にしますが、英語ではそれ以上にどう翻訳するかについて議論されています。 大変僭越ではありますが、Lost in Translationとまで言われてしまった The Wall Street Journal の記事について 今日はブログを書かせていただきました。   一億総活躍担当大臣とはそもそも何をするところなのか? 少子化を食い止め、50年後も人口1億人を維持し、2020年までに国内総生産(GDP)600兆円、希望出生率1.8、介護離職ゼロなどの実現を目指す政策。

Speaking-with-Passion
Best PracticesCommunication コミュニケーション

ビジネスチャンスを惹きつける話し方のコツ

声に秘められた情報とは?   話し方や声のトーンから、話者の人となりがなんとなくわかってしまうのは、普段の生活で実感することも多いですよね。 声やボディランゲージは、プレゼンテーションやスピーチ、様々なビジネスシーンで、必ず考慮すべき部分です 。 例えば米国のオバマ大統領。 権力のある人物のスピーチは、さすが貫禄のある話し方ですよね。 では、スピーチが上手な人が権力を手にするのか、権力を手にすると、話し方が変わっていくのか? この疑問に答えることができるPsychological Scienceが実施した研究の結果がForbes に掲載されていました。 グローバルにご活躍する皆様にはぜひご紹介したいと思ったのでお届けいたします!   自分が重要な役割であると信じることで、声のトーンは変わる この実験では、「権力がある」役割を与えられた被験者と、「権力がない」役割を与えられた被験者の声にどのような変化があるか調べています。 161人の大学生を対象に、台本を音読するように指示し、録音します。 その次に、交渉の場を想定したロールプレーで、生徒を様々な情報を知っている「重要な」役割と、何もしらない「重要でない」役割に振り分けます。 その後、被験者はそれぞれのポジションを想定しながら、続きの段落を音読し、録音します。

ColumnCommunication コミュニケーション

翻訳 vs. コミュニケーション
偉大なイノベーションを世界に発信する真のコミュニケーション

Innovation Weekendから学ぶ、世界の壁と言葉の壁 サンブリッジベンチャーズが主催し、日本・米国・英国の11の将来有望なスタートアップ企業が参加したInnovation Weekendが東京で開催されました。 世界各地で開催されたInnovation Weekendでの優勝と準優勝したスタートアップ企業が一同に介した東京での決勝戦。 「Be global, or die local」(日本語に置き換えと「世界へ行くか、現状で終わるか!?小さくまとまらず、世界に羽ばたこう!」るといったところでしょうか)といったコンセプトを掲げたこのInnovation Weekend。 世界中から集まるイノベーションが刺激しあうことで、更に新たなイノベーションが生まれていくことは、素晴らしいですよね! Innovation Weekendの詳細については、こちらのリンクからご覧ください。 「Be global, or die local」をコンセプトのもとに東京で開催されたこのイベントで、選ばれた上位3位は、実はすべて日本のスタートアップ企業。 特別賞に選ばれた米国のFitnessCubed社は、開催者側の選考による受賞でした。 私が非常に興味を持ったのは、この審査結果とその背景です。