iinetto CSR
CSR

日本の未来のビジネスマンに生きた英語教育を

iinettoのCSR活動   2月21日(土)に弊社のCSR(Corporate social responsibility)の一環として、わたしの生まれ故郷である茨城県牛久市にある小学校にて、文部科学省の推進事業「土曜学校」の外国語クラスの講師をして参りました。 土曜学校でビンゴゲームの説明をするエリック   弊社の事業の一つの柱である「教育」 現在の日本の英語教育では、グローバルな感覚をもち、実際にネイティブとコミュニケーションできる英語を身につけることが課題です。 できる限り感性が柔軟な段階でグローバルな視点で物事を捉える感性を身につけてあげたい。 どういった教育プログラムでそれが実現できるか、我々の課題でもあります。 土曜学校の目的(文部科学省のウェブサイトより以下引用) すべての子供たちの土曜日の教育活動の充実のため、地域の多様な経験や技能を持つ人材・企業等の協力 により、土曜日に体系的・継続的な教育プログラムを企画・実施する取組を支援し、教育支援体制等の構築を図る。 さらに詳しい情報はこちら 文部科学省  土曜日の教育活動推進プロジェクト