Facebook

1カ月後にはFacebookが無料マーケティングツールでなくなる?!

貴社の顧客データベース、Facebookがなくなっても確保できてますか?   ソーシャルメディアは現代のビジネスに欠かせないツールといわれるようになって早数年。 中小企業から大企業まで、FacebookやTwitterをマーケティングツールとして有効活用するノウハウを日々模索し続けています。 実際に、米国でソーシャルメディアを使ってマーケティングを行っている中小企業の80%が、Facebookを最も活用していると答えています(次いでLinkedIn およびTwitter)。 Facebookを使用する目的は多々ありますが、「顧客の獲得」、「ネットワークの構築」、「ブランドの知名度の向上」が主な理由として挙げられています。 日本企業にとっても、今やFacebookが重要な「顧客データベース」となっているのではないでしょうか。 しかし、Facebookや人気ブログプラットフォーム(アメブロなど)は、自社のコントロールが及ばない「顧客データ管理システム」であることを認識していますか? 自社の顧客データベースを、他社に提供しているといっても大げさではないでしょう。 まだ日本ではあまり大きく取り上げられていませんが、先月初旬に発表されたFacebookの方針変更は、Facebookを使用した顧客ベースの構築について、考え直すきっかけになりそうです。

Facebook

トップエキスパートに聞くFacebookマーケティング9つの秘訣(後編)

  さて、後編です。 本編で紹介する#6は弊社でも多用しており、スケジュールを利用して投稿予約を行っています。   目次はこちら #1:Open Graphを使ってFacebookで動画をより効果的に活用する #2:営業時間外に投稿してみる #3:クリエイティブになってもっと写真を投稿する #4:スポンサー記事を使う #5:商品の決定にファンを参加させる #6:新たに導入されたスケジュールツールを活用する #7:コンテストを使ってさらなるファンを獲得する #8:個人プロフィールページを積極的に利用する #9:必要な人材を確保する 下線が引いてあるタイトルが今回の記事で紹介いたします。 前編は#1と#2、中編に#3~#5、後編に#6~#9の紹介を致します。

Facebook

トップエキスパートに聞くFacebookマーケティング9つの秘訣(中編)

さて、真ん中の中編です。 今回は3つの秘訣をご紹介いたします。 目次はこちら #1:Open Graphを使ってFacebookで動画をより効果的に活用する #2:営業時間外に投稿してみる #3:クリエイティブになってもっと写真を投稿する #4:スポンサー記事を使う #5:商品の決定にファンを参加させる #6:新たに導入されたスケジュールツールを活用する #7:コンテスト使ってさらなるファンを獲得する #8:個人プロフィールページを積極的に利用する #9:必要な人材を確保する 下線が引いてあるタイトルが今回の記事で紹介いたします。 前編は#1と#2、中編に#3~#5、後編に#6~#9の紹介を致します。

Facebook

トップエキスパートに聞くFacebookマーケティング9つの秘訣(前編)

  さて、今回はfacebookの海外トップエキスパート達による、「今、企業の皆さんが知っておくべきホットなマーケティングの秘訣」をお伝えします。 この記事はSocial Media ExaminerのCindy Kingさんの投稿です。     目次は以下になります。 #1:Open Graphを使ってFacebookで動画をより効果的に活用する #2:営業時間外に投稿してみる  #3:クリエイティブになってもっと写真を投稿する #4:スポンサー記事を使う #5:商品の決定にファンを参加させる #6:新たに導入されたスケジュールツールを活用する #7:コンテスト使ってさらなるファンを獲得する #8:個人プロフィールページを積極的に利用する #9:必要な人材を確保する ※下線が引いてあるタイトルが今回の記事で紹介いたします。 前編は#1と#2、中編に#3~#5、後編に#6~#9の紹介を致します。 それではスタート!

Facebook

FacebookのWordPress向けプラグイン利用法:完全ガイド(後編)

お疲れ様です。最後の後編です。残りの3つの機能をご紹介いたします。さらに、導入後の閲覧トラフィックのチェックもできますので、そちらもご紹介いたします。 途中からご購読されている方は前編、中編もご覧下さい。 それではどうぞ! 本プラグイン機能一覧 ソーシャルパブリッシング機能 自分の記事へのLike(いいね!)ボタンの位置とデザイン 読者が記事の著者をフォローできるSubscribe(購読)ボタン 自分の記事をFacebookメッセージやEメールとしてでも簡単に直接シェアできるSend(送信)ボタン 自分のFacebook登録名で読者がコメントできるComments(コメント)欄 読者の「友達」のお気に入りをベースに自己流にアレンジしたお勧め記事を表示し、自分のソーシャル読者を活動的にするRecommendations bar(お勧めバー)  ※1.から3.までの紹介は中編をご覧下さい。

Facebook

FacebookのWordPress向けプラグイン利用法:完全ガイド(前編)

先週の冷夏は嘘のように猛暑が続き真夏モード突入ですね。 WordPressでブログをやっている方必見です! Social Media ExaminerのEmeric ErnoultさんがFacebookのWordPress向けプラグインの利用ガイドを紹介しています。今回は3部構成でこの記事をご紹介いたします。 前編は導入(インストール)手順の説明、中編、後編は機能の紹介をさせていただきます。後編では導入後の閲覧トラフィックのチェックもできるのでそちらのご紹介もいたします。 それでは導入編です。

Facebook

Facebook広告の使い方 : 初級編

Facebook広告の利用を考えているけど、その選択肢の多さに混乱してはいませんか? 「ソーシャル広告」が未来の広告の形だ、とアメリカでは言われています。 でも、今の皆様にとってのこの実用的な意味とはどうなのでしょうか? 今回の記事から、Facebook広告を通じて、どう御社を宣伝し、ファンとの関係を深めるか、少しでもそのヒントとなればと思っています。 今回は2月のFacebookマーケティング会議(fMC)で発表された新広告ソリューションについての役立つ情報を取り上げていきたいと思います。  

Facebook

Facebookタイムラインで企業ページの見方がどう変わった?

Facebook企業ページのタイムラインの開始でマーケティング担当者のソーシャルメディア戦略は真っ逆さまにひっくり返ってしまいましたね。 それだけではありません、Facebookで消費者が企業をどう知覚するかも変わってしまったといいます。 EyeTrackShopが行ったMashableのウェブカメラを使って目の動きを追った調査では、旧Facebookウォールと比べて企業タイムラインでは、参加者のウォール投稿や広告を見る時間は減り、カバー画像見る時間が増えたそうです。 「新Facebookタイムラインでは効果的な企業宣伝スペースが限られているが、ページのトップ部分を有効活用するべきだ。」と執筆者は話されています。 参考資料:実際に人はFacebookプロフィールをこう見ている

Facebook

Facebookが米国でクーポン機能を導入!

日本でビジネスをされている皆様も、日本でこの機能が使えるようになった時のことを考えてみてください。 Exact Targetのリサーチによると、58%のFacebookユーザーが、Facebookのビジネス(企業)ページに「いいね!」をする際、ディスカウントやプロモーションなどを期待しているという興味深い結果が出ているそうです。