Grammar

絶対に知っておくべき英文ライティングの常識7つ

言葉も時代とともに変化する。生きた言葉で伝えることの大切さ   グローバルビジネスに関わる皆さまは、英文を書いたり、チェックしたりする機会がある方も多いのではないでしょうか。 基本的な英文法は大丈夫!と自信のある方も、実は学校や英会話教室で勉強したことが、今の常識では間違っているなんていうことがあるかもしれません。 英語ネイティブ向けの英語サイトで、文法においてよくある誤解に関する記事がHubspotに投稿されていました。 英文ネイティブに向けて書かれている英文ライティング手法ですから、私たち日本人にとっては、少しつっこんだ内容になっています。 グローバルビジネスに関わり、英語に携わっている方々においては、知っていて損はない情報ですので、日本語でご介させていただきますね。   1.文の終わりに前置詞を使ってもいい 前置詞を文の最後に使用してはいけないと、習った記憶がある人も多いのではないでしょうか? 実は、前置詞を文の終わりに使うのは、正しい文法。 「Which building is he in?」 「Bob has a lot to be happy about.」 カジュアルなメールだけでなく、フォーマルな文書でも大丈夫です。 たとえば、 「Bob has a lot to be happy about」 「Bob has a lot about