Japlish(和製英語)翻訳

“Challenge”の意味、なんと日本語で訳しますか?

「チャレンジ」、「挑戦」を英語に訳すとき、あなたはChallengeと訳していませんか? 日本企業のCEOメッセージやミッションについての英訳を見ていると、Challengeという用語を間違って使ってしまっている企業様が多数見受けられます。 Challengeは日本語ではポジティブなニュアンスで、チャレンジする、挑戦するという意味合いで使いますが、実は英語は違います。

JAPLISH
Japlish(和製英語)

Japlish!

リニューアルオープンのリニューアル、これも和製英語ってご存知でしたか?   エリックがオフィスで翻訳をしている時に経理スタッフに声をかけた一コマ。   エリック     「Mくん、お店を改装することって日本語でなんていう?」   経理M         「え。リニューアルオープンですか?」   エリック     「やっぱりね」 「じゃあ、ウェブサイトを再構築してアップすることは?」   経理M          「それも、リニューアルっていいますよね」   エリック      「やっぱりね」 「知ってる?英語では、改装することをリニューアルとは言わない。ウェブサイトの再構築もリニューアルとは言わないよ。 お店の改装はremodel。ウェブサイトの再構築はredesignが正しい。Renewalっていったらおかしいね。」   経理M           「え!そうなんですか!?リニューアルってなんでも使ってしまっていましたし、そのまま英語でも置き換えられるものだって思ってました。」   エリック       「また、Japlish(和製英語)一つみつけちゃったね。」     そうなんです。

Japlish(和製英語)

またまた見つけてしまった日本のガラパゴス現象

クラウドソーシングも和製英語化していた!?   クラウドソーシングの正しいスペルって改めて確認されたことありますか? 一部の方は「Cloud Sourcing」と間違って覚えられている方もいるのかもしれないのでは…と感じることが多くあります。 クラウドソーシングを間違った意味で使用されている日本語のウェブサイトを最近よく見かけるようになりました。 そこで、改めてクラウドソーシング(Crowdsourcing)の正しい定義について 一つのプロジェクトを不特定多数のリソースと共同で運営する仕組み 引用元:http://en.wikipedia.org/wiki/Crowdsourcing 大手の事例でいいますと、P&G社やボーイング社がこのクラウドソーシングを取り入れています。 例えばP&Gであれば、商品開発のための提案をオンラインサービスを利用して、不特定多数の人間に募集をなげかけます。 そして不特定多数の提案者がオンラインサービスを利用してP&Gに提案を送る。 P&Gはその中の提案を採用する。 こんな流れです。   では、実際日本ではどう解釈され始めているのか?