Plain Japanese

あなたの日本語、日本人に伝わっていますか?
– Plain Japanese –

日本語もグローバルスタンダードに 先日「あいまいな日本語からいい英語は生まれない 」にて発信させていただきましたが、 日本人は冗長的であいまいな表現を好むため、文章の内容が非常に分かりにくくなる傾向があります。 せっかくのレポートも読み手に正しく、わかりやすく伝わらなければ全く意味がありません。独りよがりな日本語ではなく、読み手の立場にたって一度ご自身の文章を読んでみてください。 日本語も英語も分かりやすいライティングをするコツは一緒です。 1文をできる限り短くし、シンプルな構造にすることです。 では、日本語の場合の1文の文字数の目安は? 人間が情報を保持できる時間は3秒だそうです。そして1秒間に読むことができる文字数は10文字程度。 ですから目安は「10字×3秒=30字」です。 行政文書なのは特性上30字で納めることが難しいため、60字が目安です。 1文を短くするこつはこちらのサイトをご覧ください! http://csms-seo.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/sentence-45e8.html 弊社では、企業様の海外IR資料の企画・制作・翻訳のお手伝いをさせていただいております。 決算短信の定性情報でよく見かけるのですが、かかりが多く、表現があいまいな、非常に文章の長いレポートを拝見する機会があります。

IRPlain Japanese

あいまいな日本語からはいい英語は生まれない 
–Plain Japanese-

日本人はあいまいさを愛し、欧米人は明確さを求める 翻訳をする中で最も難しいのは、あいまいな日本語を翻訳する場合と英語特有の言い回しを日本語に翻訳する場合です。 あいまいな日本語の一例 1. ぼかし 「あの件については、あれでいいですね?」 「ああ、そのように取り計らってくれ」 「~と 思われます」 「~と考えられます」 「~と言ってもいいでしょう」 「~ではないかと思います」 などの「あれ」とか「これ」といった「こそあど」言葉を使う表現。語尾をにごす表現。はっきりとした断定を避ける表現。 2. なぞらえ 自分の意見を第三者(それも権威ある人物など)や書物などの存在を借りて間接的に表現しようとする方法。 日本語では、責任回避の心理が大きく働いているのに対して、英語では、自説をより強調するために使われるのが大きな違いです。また、「前例がない」というときの「前例」もこの「なぞらえ」の心理が働いていると考えることができます。 3. うちけし 「やはり」 「いちおう」 「~じゃないが」 「いやいや、そんなことはありません」 など、いったん述べた自分の意見をいちおう「否定(打ち消し)」しておくという心理に基づいた表現。 引用元:http://www.rondely.com/tuben/JpnEng2.htm